セシウム137や放射性鉱物を霧箱に近づけて2次電子線の飛跡を観察
霧箱のガラス蓋の上に放射性鉱物(本実験の場合は燐灰ウラン鉱)を置くと、ガラス板を透過したγ線によって霧箱内の窒素や酸素の原子から電子がたたき出され(「コンプトン散乱」)、雪が降るように多くの2次電子線によるβ線の飛跡が観察できます。(霧箱上に置いた燐灰ウラン鉱に紫外線を当てているので、燐灰ウラン鉱が黄色い燐光を放っているのが見えます。)
このことはγ線の透過性の強さを示すとともに、「コンプトン散乱」を観察できる数少ない実験です。
※燐灰ウラン鉱が入手できないときは(財)放射線計測協会が生徒実験用に無償で貸し出している「放射線実験キット」に付属しているセシウム137を使っても同様の実験ができます。

4.「γ線によるコンプトン散乱」の観察

HOME
Copyright (C) 2004 RADO Co.,Ltd. All Rights Reserved 無断転用を禁じます